剛性や浮力も考慮して

自分のレベルに合わせて剛性も考慮しなければなりません。剛性というのは曲げやねじりに対して板の変形を表すもので、剛性が高いといえば変形が小さい、剛性が低いといえば変形が強い板と判断できます。

上級者になると滑走速度がかなり速くなるので、カーブする際遠心力も強く加わります。そうなると遠心力が大きくかかるすべりでも耐えうる剛性が高いスキー板が理想的です。逆に初心者は滑走速度がそれほど速くないので、カーブする際遠心力がそれほどかかりません。この場合、それほど遠心力がかからない状態、低速走行でも操作が楽な剛性が低いスキー板が理想的です。

スキー板というと身長プラス何センチという感じで、身長が主軸となると考えるのが一般的ですが、これに加えて浮力を考える必要もあります。レンタル品を利用する場合、身長プラス何センチという一般的なスキー板の選び方でいいのですが、購入される際には、浮力を考慮し、体重が重い、軽いという事も考慮します

体重が重いと浮力が大きくなるので長めのスキーが理想的です。体重が軽い人は浮力が小さめとなるので通常よりも短めのスキー板が理想です。この様に剛性や浮力を考慮してスキー板を選ぶ必要もあるので、初心者の方はスキー専門店で購入するか、若しくはスキーに詳しい方に板を選んでもらうといいでしょう。

知っておきたいスリーサイズとラディウス

スキー板をみにいくと、スペックにスリーサイズなどの表記があります。なんだこれ?と思う方も多いと思いますが、これを理解しておかなくては自分に合ったスキー板を購入できません。

スペックに表示されているスリーサイズというのは、「トップ最大幅」「センターの最小幅」「テールの最大幅」の事です。スキー板は長方形ではなく、太くなっている部分、細くなっている部分などのくびれがあります。そのくびれの一番大きな幅、一番小さな幅がそれぞれ、トップ、センター、テールなど数値化されているのです。センターの幅が太くなるほど、深雪やパウダースノー向きとなるなど、雪質にも関係してくるので、これはしっかり覚えておく方が板選びに便利です。

またスペックを見ると、ラディウスという表記もあります。ラディウスというのは、スキー板の側面のカーブ、円弧の配転半径を指します。スキー板の一番細くなっている部分、そのカーブの半径を測ったもので、通常、初心者が利用しやすいオールラウンドスキーの場合、R:15mくらいです。この数値が小さいほど、カーブの際小回りがきいて、数値が大きいほど大回りするスキー板という判断ができます。

こういう数値を全く知らずに板を買いに行くとどういうスキー板を選べばいいんだ?と迷ってしまうので、店員さんに自分のレベルをしっかり話し、どのスキー板がいいか確認してみるといいでしょう。

自分のレベルにあったスキー板を

スキー板を借りる時、現地のレンタル店ではだいたい身長にプラス10cm位のスキー板をスタッフさんが用意してくれると思いますが、どのような滑りをしたいかによって長さも違ってきます。例えば現在主流となっているカービングスキーを楽しみたいという事なら、身長よりも少し短いスキー板を選ぶのが通常ですし、初心者用にしっかり滑りを覚えたいという事なら、身長プラス10cm位のスキーが理想的です。

スキー板が長いほどまっすぐ滑る際の安定感が増します。雪に設置している面積が大きくなるので、止まりたいという時にもブレーキがしっかり聞き停止しやすいです。初心者の場合、ターンもそれほどスピードを上げて行わないので、だんだん上達してきてスピードを上げてショートターンをするようになってから、カービングスキーのような短めの板を購入するといいでしょう。

こうなりたいという滑り方のイメージに加え一番重要なのは、レベルにあった板を購入するという点です。レベルにあった板を購入して練習を行っていけば、もっとこういう動きができる板が欲しい・・と自然と思うようになります。初心者の場合、滑る、止まる、曲がるという事が精いっぱいなので、ある程度スムーズに転ぶことなく滑る事が出来るようになってから、自分が理想とする滑りができる板を購入するといいでしょう。

スキーが好き!自分のスキー板を買おう

スキーやスノボーなどのウインタースポーツが好きな人にとって、雪が降り始める季節はわくわくと落ち着かない季節でもあります。さてどこのスキー場で初すべりするか、いや、今年はウエアを新調しておこうかな?など、白銀の世界に思いを馳せているでしょう。

スキー初心者の方は最初からスキー板やウェアなどの道具を購入せず、レンタルプランのあるスキーツアーなどを利用してみて、ある程度滑れるようになってから、また、スキーが楽しい、また何度も行きたいと思うようになってからスキー板などのグッズを購入する方がいいといわれます。もし継続的に行わないのなら、スキー板もウエアも食品のように安く買えることはないので勿体ないです。滑りが楽しい、また行きたいなど何度も行くようになってから自分のグッズを本格的にそろえていけば十分です。

最近では道路事情がよくなったこともあり、スキー&スノボーのバスツアーなどもたくさん登場し、スキーに行くことがそれほど大変な事ではなくなってきている現代です。地域によっては日帰りでスキーを楽しめる旅行もたくさんありますし、家族やカップルでいくなら週末、宿泊してスキーを存分に楽しむのもよし、暮れからお正月の間、スキー三昧で年越しという人も多いですし、春先は春スキーを楽しむ方も多いです。

参考・・・オリオンツアー