自分のレベルにあったスキー板を

スキー板を借りる時、現地のレンタル店ではだいたい身長にプラス10cm位のスキー板をスタッフさんが用意してくれると思いますが、どのような滑りをしたいかによって長さも違ってきます。例えば現在主流となっているカービングスキーを楽しみたいという事なら、身長よりも少し短いスキー板を選ぶのが通常ですし、初心者用にしっかり滑りを覚えたいという事なら、身長プラス10cm位のスキーが理想的です。

スキー板が長いほどまっすぐ滑る際の安定感が増します。雪に設置している面積が大きくなるので、止まりたいという時にもブレーキがしっかり聞き停止しやすいです。初心者の場合、ターンもそれほどスピードを上げて行わないので、だんだん上達してきてスピードを上げてショートターンをするようになってから、カービングスキーのような短めの板を購入するといいでしょう。

こうなりたいという滑り方のイメージに加え一番重要なのは、レベルにあった板を購入するという点です。レベルにあった板を購入して練習を行っていけば、もっとこういう動きができる板が欲しい・・と自然と思うようになります。初心者の場合、滑る、止まる、曲がるという事が精いっぱいなので、ある程度スムーズに転ぶことなく滑る事が出来るようになってから、自分が理想とする滑りができる板を購入するといいでしょう。